2014年12月13日

サイトリニューアル時に使えるhtaccessの301リダイレクト

htaccess_301redirection

サイトをリニューアルしてURLが変更になる。そのような場合、気になるのはSEO効果です。ドメインやディレクトリ構造が変わることで少なからずアクセス数減に繋がる事が多くあります。そんな時に「旧サイトURLは新サイトURLに変わりました」という事を検索エンジンに伝える事が出来るのが「301リダイレクト」です。

.htaccessの記述

例えばトップページを新しいドメインに切り替える場合、下記のように記述します。

Redirect 301 / http://新ドメイン/

この.htaccessを旧サイト環境のドキュメントルートに置く事で、新ドメインにリダイレクトされます。

Redirect 301 旧 新

このようなルールで記述します。旧についてはドキュメントルートからのパスを書くのに対し、新にはhttp(s)からURL形式で書く、という違いがあります。

サイトリニューアル時にはSEO効果を下げないためにも、忘れずに301リダイレクト処理を行いましょう。
サイトリニューアル時に使えるhtaccessの301リダイレクトでした。

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です