2017年5月6日

スマホサイト制作に便利なレスポンシブ対応時に使えるjQuery

最近では対応がほとんど必須となってきたPCでもスマートフォンでも閲覧できるように表示を切り分ける「レスポンシブ対応」。実装方法は様々ですが、今回はJavascriptでユーザーエージェントを取得したうえで、metaタグの追加やファイル名のリネーム等を行うためのjQueryをいくつかご紹介。

HTMLの例





説明文


03-5843-9329

jQueryの記述例

$(document).ready(function(){
/* ユーザーエージェント取得 */
var ua = navigator.userAgent.toLowerCase();
var isiPhone = (ua.indexOf('iphone') > -1);
var isAndroid = (ua.indexOf('android') > -1) && (ua.indexOf('mobile') > -1);
var isWindowsphone = (ua.indexOf('windows') > -1) && (ua.indexOf('phone') > -1);

/* スマホの場合の処理 */
if(isiPhone || isAndroid || isWindowsphone) {
	/* 「head」内に「viewport」追加 */
	$("head").append('');

	/* 「style.css」を「style_sp.css」にリネームしてCSSを完全に切り分け */
	$("link").each(function() { 
		var replace = $(this).attr('href').replace(/style.css/g,'style_sp.css');
		$(this).attr('href',replace);
	});

	/* 「img」タグの画像パスを「img」から「img/sp」として画像格納フォルダを完全に切り分け */
	$("img").each(function() { 
		var replace = $(this).attr('src').replace(/img/g,'img/sp');
		$(this).attr('src',replace);
	});

	/* 「.tel」の中のテキストを取得してタップして電話がかけられるように変換、ハイフンも除去 */
    $('.tel').each(function() {
		var str = $(this).text();
		$(this).html($('').attr('href', 'tel:' + str.replace(/-/g, '')).append(str + ''));
    });
}
});

jQuery実行後のHTML



説明文

, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です