2014年10月30日

月日を二桁に揃えて出力するPHP(for文)の書き方

for文

カレンダーで考えた場合、月は1月~12月、日は1日~31日と決まっています。このように連番を出力する場合はfor文で記述する事が多いですが、「1月1日」ではなく「01月01日」と表示しなければいけない場合があります。

今回は「01月01日」のように、二桁に揃えて出力するPHP(for文)の書き方をご紹介します。

月を出力するPHP

まずは1月~12月を出力するためのfor文の例です。

for ($i=1; $i <= 12; $i++) {
echo "";
}

出力結果

日を出力するPHP

続いて01月~12月と二桁で揃えて出力するためのfor文の例です。

for ($i=1; $i <= 12; $i++) {
echo "";
}

出力結果

ポイントはsprintf関数

今回のポイントは「sprintf」という関数です。この「sprintf」という関数で「%02d」と指定すると、二桁に統一して出力する事ができます。用途に応じて、これを「%03d」とすれば三桁に統一して出力する事ができます。

以上、月日を二桁に揃えて出力するPHP(for文)の書き方でした。

, , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です